専門学校で学ぶファッション

入試では何を見られるの?

入試では何を見られるの?

入試では何を見られるの? デザイナー、パタンナー、縫製など服飾に関する様々なことを学ぶことができるファッションデザイン専門学校。
多くは高校卒業後に服飾関連の仕事への就職を目指して進学していきます。
学校によっては高等部があり、高校卒業資格の取得を目指しつつ一足先に服飾を学ぶこともできます。
高等部、専門学校共に入学試験があり、内容は記述の一般常識問題と面接のみの学校がほとんどです。
記述問題はごく簡単なもので、高校卒業程度の学力があれば解けるレベルです。
面接もよほどの問題行動を起こさない限りは減点になることはありません。
ファッション業界は卓上の成績よりも実力や現場で働き続けられる体力が問われるので、入学の敷居はかなり低く、幅広く可能性ある学生を受け入れています。
当日の服装も高校生であれば制服で大丈夫です。
生徒全員がデザイナー志望なわけではありませんので、おしゃれじゃないから、という理由で落とされることはありません。
ファッションデザイン専門学校の入試は難しいものではありません。気負わずに臨みましょう。

ファッションデザイン専門学校に入るためにしておきたい準備

ファッションデザイン専門学校に入るためにしておきたい準備 ファッションデザイン専門学校に合格して学校に通うまでの準備として、道具であれば学校でまとめて安く購入できるので、とりあえずは買わずに待っていてもかまいません。
ただし、ファッションに関する情報を得ておくという準備は欠かせないことになります。
ファッションはめまぐるしく流行が変わることになるので、その流れも自分のデザインを活かすために必要となってきます。
勉強したことを活かして課題を提出するということも多く、そこには流行を加味しながら自分らしいデザインで制作しなければならないことになります。
そのためにも、ファッションデザイン専門学校の課題で迷わないためにも、市場調査をしておく必要があります。
市場調査は、ファッションのマーケットにおいてどんなものが求められているのかを知ることになり、勉強とかしこまらずに人気のショップでウィンドーショッピングをするように、どんなアイテムが多く流通しているのかをぶらぶらと眺めに行くだけでも役立つことになります。


Copyright © 2017 専門学校で学ぶファッション all rights reserved.